伊勢志摩観光

伊勢志摩観光

  •  
  •  
  •  

伊勢志摩観光 > 牡蠣の産地「浦村」

牡蠣の産地「浦村」

三重県の牡蠣の生産量は、全国で6番目になります。
全国的には、あまり有名ではありませんが、東海地方では伊勢志摩の牡蠣は有名で、牡蠣のシーズンになると、遥々伊勢志摩まで訪れる人も多くなっています。

中でも、鳥羽市「浦村」は、牡蠣を食べられる店が多く、多くの人から「安くて、美味しい牡蠣をたくさん食べられる!」と、評判です。

「浦村」には、牡蠣の食べ放題をする店がたくさんあります。
焼き牡蠣、牡蠣ごはん、牡蠣フライなど、様々な牡蠣料理を食べることができ、レモン汁や自家製のタレなどを持ち寄って食べる人が多く、様々な方法で牡蠣を楽しんでいる人が多くいます。

浦村で一番の人気店は「中山牡蠣養殖所」です。
ここでは、安くて美味しい牡蠣が食べられると評判で、飲食店を紹介するインターネットサイトの口コミランキングで三重県1位になる程です。
東京で伊勢志摩産の焼き牡蠣の価格と比べると、半額以下の値段で食べられます。
そして、「中山牡蠣養殖所」では、生ガキを食べることができるため、店の外も長蛇の列ができています。
その場で剥かれた生ガキを一度水に通し、牡蠣の表面に着いた殻や菌を洗い流してから食べます。
浦村で食べる牡蠣は、「何時間待ってでも食べる価値がある!」と、評判になる程の牡蠣を提供してくれます。

浦村へは、JR・近鉄鳥羽駅よりパールロードを車で20分程進んだ付近です。
シーズン中、多くの牡蠣料理店が開いていますが、満員となるため、事前の予約がオススメです。

 

Copyright 伊勢志摩観光 All Rights Reserved.