伊勢志摩観光

伊勢志摩観光

  •  
  •  
  •  

伊勢志摩観光 > 蔵の町「河崎」

蔵の町「河崎」

おかげ横丁やおはらい町とは違った雰囲気を出している街並みが、蔵の町「河崎」です。

「河崎」は、江戸時代に発達した問屋街です。
伊勢市の中心部を流れる勢田川に沿って連なった古い街家や商家の蔵が軒を連ね、細い道は、古く良い雰囲気を漂わせています。
その古い街並みには、お洒落なカフェやアンティーク雑貨店、和菓子屋などが並んでいます。
カフェからは、ゆったりと流れる勢田川を眺めながら、寛げる空間は、河崎ならではの空間です。

中でも注目したい立ち寄りスポットは、寄席小屋「伊勢河崎輝輝亭(いせかわさきききてい)」です。
伊勢河崎輝輝亭では、落語家の桂三輝(かつらさんしゃいん)の落語を楽しむことができます。
この桂三輝さんは、桂三枝(現・六代桂文枝)に弟子入りしたカナダ人の落語家です。
その軽快な話術を駆使した落語は、NHKニュースでも「落語がいつか世界に!日本人として頭が下がる!」といわれる程の輝きがあります。
古民家を改築して作られた小さな舞台で繰り広げられる落語からは、多くの人の爆笑が巻き起こります。
日本の江戸時代の街並みにひょっこりと現れた金髪のカナダ人が表現する落語は、伊勢「河崎」に行った際には、必見です。

また、河崎から少し離れた所にある「二軒茶屋餅角谷本店」では、名物「二軒茶屋餅」を楽しめます。
「二軒茶屋餅」は、餡(あん)を餅でくるみ、きな粉をまぶした和菓子です。
伊勢の餅の魅力が楽しめるスポットの一つです。

 

Copyright 伊勢志摩観光 All Rights Reserved.