伊勢志摩観光

伊勢志摩観光

  •  
  •  
  •  

伊勢・鳥羽には魅力的な観光地や美味しい食べ物が盛りだくさん!おすすめ観光情報をお届けします。

伊勢志摩観光

伊勢神宮

はじめて伊勢志摩へ行くならば、「伊勢神宮」は必見です。
「伊勢神宮」は、日本神話に登場する太陽神「天照大神」を祀る日本を代表する神宮で、年間600万人が参拝しています。

伊勢神宮は、「内宮(ないくう)」と「外宮(げくう)」の2つに分かれています。
お伊勢参りは、「外宮」から「内宮」の順に参ることが、古くからの習わしとされています。

「外宮」は、JR・近鉄伊勢市駅から徒歩5分の場所にあります。
外宮は、五穀豊穣の神「豊受大神(とようけのおおみかみ)」を祀る神宮です。
その境内は、木々で囲まれた静かで落ち着いた雰囲気があり、心が落ち着きます。

「内宮」は、外宮から5キロ程離れています。
伊勢市駅から三重交通バス「内宮行き」に乗ると、15分ほどで着きます。
「内宮」は、日本最大級の聖地だけあり、その規模や雰囲気は、他を圧倒します。

良くテレビに映る場所が、内宮の入り口にある「宇治橋」です。
この「宇治橋」は、俗界と聖域との境の橋と言われています。
宇治橋の鳥居は、伊勢神宮の象徴ともいえます。
順路を進み、手水舎の先には、「御手洗場」があります。
古くは、内宮の脇を流れる「五十鈴川」で手を清めてから参拝したそうです。
今も、その名残があり、御手洗場で手を清める方がいます。

更に進むと、石段の先に「御正宮」があります。
石段からは、カメラなどで撮影することは許されない聖域です。
御正宮には、白い布が垂れてあります。
時折吹く風で布が羽ばたき、その合間から神様を見ることができます。

朝の早い時間帯に伊勢神宮・内宮の参拝すると、人が少なく、静かで神聖な雰囲気が感じられます。
朝早い時間での参拝をオススメします。

◆伊勢神宮 ホームページ
http://www.isejingu.or.jp/

 

Copyright 伊勢志摩観光 All Rights Reserved.

  • 車売るなら車一括査定を
  • 全身脱毛ランキング